2020年 5月 27日 (水)

国の出先機関廃止に「変な地雷」天下りポスト置き土産

印刷

   2年前に閣議決定され、野田首相の所信表明でも法案提出を明言したはずの「国の出先機関原則廃止」の雲行きがおかしくなってきた。

   国の出先機関とは、都道府県に設置されている中央省庁の地方組織で、国家公務員約30万人のうちおよそ19万人が配置されている。業務は自治体の仕事と重なり、二重行政の弊害、ムダ遣いとして行政改革の目玉に挙げられてきた。

運営組織ごとに「執行役」

   「増税ばかりではない」という姿勢を見せるためか、野田も所信表明で「ムダ削減を進めるためにも、制度設計を進め必要な法案を国会に提出する」と明言した。さらに、「変な地雷が入らないよう注意を払う」とも言ってきた。ところが、内閣府が進めている制度設計の中に『変な地雷』が入る怖れが出てきたのだ。

変わらない…

   国と地方の業務を一体化することでムダを省く改革案だが、変な地雷と指摘されているのは運営組織ごとに置かれる「執行役」というポスト。国の出先機関改革に詳しいPHP総研の宮下量久研究員は、「まだ何とも分からないが、もしかしたら国家公務員がそのまま入って、国の関与が残る可能性がある」という。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中