2020年 9月 22日 (火)

民間事故調「報告書」で浮き彫り「現状では原発動かせない」

送料無料/乳酸菌ごぼう茶

首相官邸も東電も「泥縄的な対応」

   「泥縄的な対応」は東電も同じ。1号機の非常用復水器が作動していると誤認したり、すべての電源が喪失したため電源車を用意したものの、接続コードがないなど危機への不備は目に余る。

   こうした状況にいら立った菅が、細かいところまで介入したため一層混乱はひどくなる。東電幹部も含めて、首相官邸で事故対応に携わったほとんどの人間が、原子力の基礎的知識を欠き、泥縄的な対応に追われていたと報告書は指摘している。

   報告書で何が問われたのか。みのの答えは「(危機の際に)どういうふうに対応できるか、完全にでき上がってからでないと、再稼動なんて考えられないですね」だった。

文   モンブラン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中