2018年 7月 19日 (木)

格安LCC讃岐うどん説「トッピングするとお金かかる」(中野美奈子アナ)

印刷

   「羽田でピンクの飛行機を見て、何なんだと思ったが…」と司会の小倉智昭が言う。LCC(格安航空会社)第1弾の「ピーチ・アビエーション」だ。1番機がけさ1日(2012年3月)に関西空港から札幌(新千歳)へ飛んだ。最も安い運賃は4780円だという。

テレビ840円、機内食有料、広いシート追加料金

   木下康太郎アナがおととい試乗していた。関空のチェックインカウンターはまったく別のところにある。しかも、あるのはマシンだけで人はいない。チケットもA4の紙1枚だ。印字されたバーコードをマシンにかざして読みとらせるとチェックイン完了である。インフォメーションも手荷物もシンプルなカウンターで手荷物は1個だけ。

   さて機内は、「シートも革張りで高級感がありますね」(木下)。座席の間隔は狭く、ひざがほとんど前の座席にくっつく状態だ。前席の乗客が背当てを倒すと相当厳しいことになる。テレビやイヤホンはない。840円プラスすると、少し間隔の広いストレッチシートがある。機内食も飲み物もすべて有料だ。でも、木下は福岡まで1時間のフライトのあと「高級感もあって乗り心地もよかったです」

   小倉がさっそく突っ込んだ。「康太郎、高級感があるというのは、一般の航空会社に比べてということかな」

   木下「そうですね、格安だからと思っていたので、総合的な印象で…」

   小倉「想像してたよりは高級感があったと…」

夏にはさらに2社―ネックは空港アクセス

   ピーチは今後、長崎、鹿児島、那覇へも飛ぶが、すべて関西空港からだ。これを追って、7月に「ジェットスター・ジャパン」、8月に「エアアジア・ジャパン」が参入する。こちらは成田を起点に新千歳、福岡、那覇へ。「ジェット」は関空へも飛ぶ。

関空と成田

   肝心のお値段だが、最安値はあくまで最安値。基本は「ピーチ」「ジェット」は「大手の半額」、「エアアジア」は「半額から3分 の1」 だという。「ジェット」はさらに最低価格保証というのがあって、安い他社があったらそれより10%引きになるという。

   小倉「ヤマダ電気と同じだ。でも、関空から札幌は2万数千円だから、4780円なら半額以下だよ」

   木下「心配になるのは安全ですが、エアアジアの岩片和行社長は『2001年創業以来無事故。サービスも3年連続で世界ベストLCCに選ばれた』といっています」

   小倉「ただ、関空や成田に行かないといけないんだ」

   木下「それもポイントです。福岡の場合、新幹線とくらべて時間も値段も半分以下ですが、アクセスがある。便数も少ない」

   小倉「康太郎の責任重大。いまのプレゼンを聞いてLCCに乗りたいと思うかどうか」

   中野美奈子アナ「うどんと一緒。素うどんは安いけど、トッピングにお金がかかるんじゃないの」

   小倉「讃岐の人ですねぇ」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中