スカイツリーの落雪見上げる70人…さて何者?毎回やるのかしら

印刷

   もう何年もワイドショーの定番ネタとなっている東京・墨田の東京スカイツリーがついにきのう(2012年2月29日)竣工した。待ちに待った完成に、本来はお祭りムードで明るくお祝い――となったのかもしれないが、東京にしては大雪が降ったせいか、番組ではそうした調子は雲散霧消。

   高さ634メートルのツリーに積もり、落ちてくる落雪の危険が大々的に取り上げられ、実際に落下する雪の映像も多数流れた。「以前も(この問題を)取り上げましたけど、昨日も危なかったですねえ」と司会の羽鳥慎一。

通行人に「落ちてくるので気をつけてくださ~い」

昨日も危なかった

   番組によれば、ツリー運営者は警備員70人を動員して警戒にあたったという。今朝も7時半ごろから警備員が出ているという。ツリー周辺からの生中継では、道路脇にたたずみ、上を見上げる警備員がカメラに捉えられた。視線の先はもちろんツリーだ。万が一、警備員が落雪を発見したら、「(雪や氷が)落ちてくるので気をつけてください」と通行人に声をかけて、注意を促すのだという。またそうした研修も受けているそうだ。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中