2018年 12月 17日 (月)

加藤茶・年の差婚披露宴「歩くのがすっごい遅いんです」(46歳下の新妻)

印刷

   「あーたん」「ちーたん」と呼び合っているんだそうだ。コメディアンの加藤茶(69)がきのう1日(2012年3月)に開いた披露宴で、46歳年下の妻・綾菜さん(23)を初めて紹介した。加藤の誕生日で、年の差がひとつひらいたところでというわけ。

   新婦は神田うのデザインのウエディングドレス、新郎はピンクのタキシードで登場…はいいのだが、加藤の主治医があいさつで「これほど出席者の平均年齢が高い結婚式もあるのかな」と言った通り、加藤のお仲間だから50代なら若い方だ。

「新郎は心労、疲労宴」(徳光和夫)

   司会が小野ヤスシ(72)で「男としての勇気にどうぞ拍手を」

幼女誘拐

   ドリフの仲本工事(70)は交際中の年下の女性を舞台にあげて、「今年中に結婚します」と宣言するハプニング。高木ブー(78)は「募集してますよ。加藤より若いのがいいね」。志村けん(62)は仕事で来られず、チンパンジーのパンくんとのビデオのメッセージ。「2回も結婚したんだって。うらやましいね」にパンくんがウンウンしていた。

   井上順(65)は「30歳下のガールフレンドとつき合ってるが、加藤さんは『30も?』といっていたのに」。ミッキー・カーチス(73)は33歳年下の妻がいて、「謝ってばかりいます」。徳光和夫(70)は「新郎は心労、疲労宴」と、これは余計なお世話。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • ついに第1号か!? GDPR違反で巨額制裁金 課される企業はあの......

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中