動物園からカバがいなくなる!唯一繁殖能力あったオスのムー急死

印刷

   少子高齢化で先行きが危ぶまれるニッポンだが、意外な動物も存亡の危機を迎えようとしているという。西日本新聞記事などをもとに番組が伝えるところでは、愛敬のある巨体で、動物園の人気者として知られるカバの飼育維持に黄色信号が点ったそうな。

飼育難しく飼う動物園減少

   なんでもそもそもカバの飼育は、広い場所や大量の水が必要で大変だという。カバを飼う動物園は少なくなっており、繁殖も右肩下がりだという。カバの高齢化が進み、繁殖力が低下するなかで、最近関係者が大きなショックを受ける出来事が起きた。カバの繁殖で定評のある長崎バイオパークで、唯一繁殖能力を持っていたオスのカバ、ムーが亡くなったのだ。急死だったという。まだ繁殖盛りで、これからも産み増やすことを期待されていながらの死であったそうだ。

   計画的に繁殖を進めないと、20年後には国内からカバがいなくなるかもしれないと話す関係者もいるという。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中