2018年 6月 24日 (日)

携帯カンニングやっぱり起こった!ワイドショー騒ぎ過ぎて反省

印刷

   <1年前のワイドショー通信簿>受験シーズン真っ盛りの1年前のこの時期、ワイドショーが「やはり起きたか!」と変に納得したのが携帯電話を使ったカンニングだった。京都大学、同志社大学、立教大学、早稲田大学の入学試験で、受験生が「ヤフー知恵袋」に試験問題の解答を求める投稿があったことが発覚した。さっそく「ネットカンニング『犯人は誤答メールそのまま写している奴だ』」(TBS系「朝ズバッ!」)と犯人捜しが始まったが、どうやら仙台の生真面目な浪人生とわかって、「『仙台の浪人生』カンニングごときで逮捕するな」「見逃した大学に落ち度ないか」(日本テレビ系「スッキリ!!」)、「「わかってみれば幼稚でケータイ知識もなし」(「朝ズバッ!」)と、警察に捜査を依頼した大学当局に批判は向かった。

   カンニングは犯罪かどうかと喧々囂々の議論となったが、スポーツプロデューサーの長嶋一茂が「カンニングやった。野球ばかりだったから、オレ」(テレビ朝日系「スーパーモーニング」)と、大騒ぎしているのを不思議そうにコメントしたのをきっかけに、大の大人が激論するようなことではないと気づいたのか、ワイドショーもそれ以降ぱったり取り上げなくなった。(テレビウォッチ編集部)

今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中