ジャンプ女子「沙羅サラ対決」17歳女王と15歳ダントツ飛距離

印刷

   このごろ番組でフィーチャーされたスポーツには、サッカー(なでしこ)、マラソンなどがあったが、今朝(2012年3月5日)はスキージャンプが大いに注目された。

   3月3日に宮城県の蔵王で行われたW杯スキー・ジャンプ女子で、高梨沙羅選手が日本女子で初、W杯ジャンプ史上最年少の優勝という快挙を成し遂げたのだ。高梨はまだ15歳の中学生ながら、それまで4戦連続で2位になっていたという。

   その間、つねにトップに立っていたのだが、こちらも10代の米国のサラ・ヘンドリクソン選手。17歳にしてすでにスキージャンプ界の若き女王となっているという。

課題は空中姿勢と着地

   サラ対沙羅(さら)の「サラ対決」では、飛距離で高梨が上回っているが、サラは空中姿勢やあざやかな着地などでポイントが高いのだそうな。しかし今回は高梨が飛距離でライバルを大きく上回り、初優勝したという。

こんな小柄で

   スタジオには同選手の等身大パネルが運び込まれた。小柄な同選手の身長は150センチだということで、180センチ以上あるという羽鳥慎一キャスターも「こんなに小柄で世界でトップですよ」とオドロキの様子であった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中