「中島知子」芸能界復帰できるか「バラエティ―でなくドラマなら」(テリー伊藤)

印刷

   家賃滞納で東京都渋谷区の自宅マンションから立ち退きを求められているお笑いコンビ「オセロ」の中島知子(40)が、マンションを退出していたことがわかった。きのう5日(2012年3月)、所属事務所の松竹芸能がマスコミ各社にファクスを送り明らかにした。それによると、中島は現在、国内で療養中で健康状態は良好。家賃滞納については、自主的に退去し弁済する方向で弁護士間で協議に入っているという。

2月28日夜に自ら退出。両親と都内のホテルで面談

   リポーターの阿部祐二が退出時の様子について、スポーツニッポン文化社会部のデスクに電話で聞く。退出したのは2月28日夜で、父親の意向を受けた所属事務所の社長と弁護士らがマンションを訪れ、ドアチェーン越しに約3時間説得、中島が自らドアを開けて出て来た。中島は自分が置かれている状況を初めて知った様子で、両親とも対面、都内のホテルに滞在している。同居していたという自称占い師やその家族の姿は確認されていないという。

一歩進んだ

   マインドコントロールされているといわれる中島の今後はどうなるのか。キャスターのテリー伊藤は「よかった。一歩前に進んだとい感じですね。でも、ここからですね」と話す。

大騒ぎになっていること知らなかった?

   精神科医の香山リカは「洗脳とかマインドコントロールが強調されているが、大声で抵抗したりせず、普通に話し合いにも応じていた。特定の人に強い影響を受けて振り回されていただけかもしれない」と推測する。今後についてはこう言う。

「もしかしたら、こんなに大騒ぎになっていることを知らなかったかもしれない。現実の世界にソフトランディングできるよう、ゆっくり休むとか、家族や知人と落ち着いた日常生活ができるのがいちばん大切。占い師の影響で価値観が凝り固まっているようなら、少しずつ修正していくカウンセリングも必要になる」

   芸能界への復帰を望む声が多いが、テリー伊藤は「戻るとなるとこれまた問題。バライティ―番組って、そんな甘くないですよ。こういう場でしゃべれるかどうか。最初はやさしくされるかもしれないけど、途中から今の芸能界のスピードについていけなくて、また落ち込む可能性もある。周りとのリアクションを生かすようなバライティ―ではなく、ドラマみたいな形から入っていく方がいいかなと思う」とクールな見方をしていた。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中