読売新聞漫画「あたしンち」終了-作者けらえいこ「きつくなりました」

印刷

   1994年から約18年にわたり、読売新聞日曜版で連載している漫画「あたしンち」が、3月11日(2012年)で終了すると、4日付紙面で発表された。作者のけらえいこがツイッターで掲載終了の心境を語っている。

   連載終了の理由について、「スタート時『あたし』というのはみかんのことでしたが、いつのまにか母視点で描くようになり、ついには父の年齢を越えてしまったあたりで、ちょっと行く先を見失ってしまいました」と言う。加えて、昨年の東日本大震災のショックや体力的に週刊連載がきつくなったこともあり、この春の紙面リニューアルを機に降板を決めたという。ただ、単行本になってない話はまだ100話以上残っており、今後数年かけて世に出していくそうだ。

「不発に終わった、描きかけの設定がいくつかあるので、もしうまく発火したら描き足していきたい。どうかみなさん、ひきつづき応援よろしくお願いします」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中