2018年 7月 23日 (月)

「矛盾対決」興味そがれるCMまたぎ2連発!次から録画で見よっと…

印刷

「ほこ×たて」(フジテレビ)2012年3月4日19時~

   この日の対決は2本。1本目は「絶対開けられない金庫VSどんな金庫でも開ける職人」で、日本の金庫メーカーが作った最強の金庫に韓国の金庫開け職人が挑むものだった。制限時間は不審者が侵入した際、警備会社が駆けつけるまでの30分間。金庫開け職人は4つのダイヤルのうち3つまでを簡単に開けたものの、のこり1つのところで時間切れになり、絶対に開けられない金庫の勝利となった。
   2本目は「再生不可能トロフィーVSどんな石材でも直す職人」。元巨人の槙原寛己が持参したのは日米野球大会MVP賞のトロフィー。石で造られた立派なものなのだが残念なことに一部分が割れている。運搬の途中で落としてしまい、急遽、接着剤でくっつけたとかで、関係者から渡された際「落として割れてしまった」と耳打ちされたとのこと。そのトロフィーを修復できるかどうかが今回の対決の見所である。
   結果は槙原が興奮するほど見事に修復、修復代262,500円の請求書が槙原に手渡されるというオチまでついた。内容は面白かったのだが、スタジオに布を被せたトロフィーが登場し、「果たして修復できたのでしょうか」というところで2回もCMに入るなどひっぱりCMがしつこくてイライラする。こういう手口がいまだに通用すると思っているとしたら大間違い。CMがあまりにもうざいので、次回からは録画して後でCMを飛ばして見ようと思う。反感を買うようでは本末転倒。CMの入れ方にも注意が必要だ。

(白蘭)

採点:1
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中