オウム斎藤明美・平田信「愛の逃避行」なんて話か!無差別殺人の一味

印刷

   17年間も逃亡生活を続け、犯人蔵匿の罪に問われている元オウム真理教信徒・斎藤明美被告(49)の初公判が6日(2012年3月)に行われ、懲役2年の求刑があった。

「愛する人を守りたいと逃げることを選んでしまった」

   斎藤はオウム真理教元幹部・平田信被告(46) が警察から特別手配されているのを知りながらかくまい、素性を隠したまま逃亡生活を続けた起訴事実を認め、その動機を次のように述べた。

愛する人だって…
「平田を実行犯と知りながら、愛する人を守りたいという思いが強くなり、逃げることを選んでしまいました」

   斎藤は被告人質問の中でこんなことも話した。

「平田が服役するのを見届けて、社会復帰を整えてあげるのが私の仕事だと思っています。(平田が)出所したら再び一緒に暮らしたい」

   こうした斎藤の陳述に、弁護人は「悪質とはいえないし深く反省している」として執行猶予を求めた。ならば、なぜ早く出頭しなかったのか。機会はいくらでもあったはずである。斎藤の説明には釈然としないものが残る。出頭しなかった理由の一つとして、平田が国松警察庁長官狙撃事件の犯人として疑われたいたことを挙げているが、事件は2010年3月に時効を迎えたのに、出頭したのは昨年(2011年)の大みそかだ。その時間差について、斎藤は「飼っていたウサギの最期を看取るため」という理由を挙げている。

   ところが、そのウサギが死んだのは昨年8月13日で、平田が出頭するのはまだ3か月近くも先だった。この点について、斎藤は「私たちにとって卯年は意味深い年だったから」という。これで本当に反省しているのか。出頭するのと卯年は関係ないと思うのだが…。

演歌調美談なんかに惑わされるな。彼らは何をしたか!

   コメンテーターの片山善博(前総務相)は「この裁判では、彼らが何をしたのか客観的に突き詰めていくことが大切だと思う。とかく演歌のような話になったり、美談になったりで惑わされてはいけませんよ」と冷静だ。

   ところが、司会のみのもんたは「『愛する人』と言葉が出てきましたね」と言い、逢坂ユリ(資産運用コンサルタント)も「愛してはいけない人を好きになってしまった。反省はあるのでしょういけど、惚れてしまったらそれしか見えない悲しい女の性だと思う」とやはり演歌調だ。

   では、法律のプロはどう考えているのか。弁護士の若狭勝(元東京地検特捜部副部長)は次のように話す。

「検察はもう少し重目の求刑が可能だったのですが、2年にしたのは執行猶予でも仕方がないというメッセージが含まれている可能性が高い」

   犯罪史上類のないサリンによる無差別殺人や長官狙撃事件。直接ではないにしろ、一時はその片棒を担いできた男と女の17年間に及ぶ夫婦気取りの逃避行を、男と女の話にしてはいけない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中