津波で豊かになった東北の海―漁師も驚く魚影の濃さ、カキもウニも大ぶり

印刷

   司会の小倉智昭が「3274」という数字を見せて、「何だと思いますか」と聞いた。おととい5日(2012年3月)時点の東日本大震災の行方不明者数だ。きのうはこれが「3272」と2人減った。捜索・身元確認は今も続いているのだ。

「震災前なら2、3年ものが、たった半年でこの大きさ!」

   この1年、がれきが沈む海で行方不明者を捜し続けているダイバー・グループがいる。潜水捜索救難協会(太田樹男代表)のボランティアで、その記録をたどると意外なことがわかってきた。

早く海へ

   震災直後の不明者は1万6441人(2011年3月31日)だった。グループが捜索を開始したのは岩手・山田町からで、震災1か月後だった。海底には家が丸ごと沈んでいた。障子や壁紙までそのまま。おびただしい生活用品、漁網などの漁具…。こうしたがれきにのまれていた数人を発見した。

   6月、石巻市雄勝町の海へ移る。不明者は8492人(5月31日)になっていた。8月、石巻市北上町へ。不明者は4977人(7月31日)。大きながれきの撤去が進んで捜索のポイントが絞れなくなる。この頃から海の様子が変わってきた。

   海底の洗濯機に黒いウニが張り付いていた。見回すとあたり一面にウニが繁殖している。養殖のワカメも伸びがよく「質がよくてきれい」と漁師がいう。気仙沼ではカキの養殖でも驚く結果が出ていた。リポートの森本さやかが「大きい」と声をあげる。殻からはみ出しそうな大粒だ。「この大きさは(震災前なら)2年から3年もの。半年でこんなに成長するとはわれわれもびっくり」と漁師もいう。

加工工場の再建進まず「せっかくの水揚げができない」

   海の中で何が起きているのか。大学の合同研究が行われた。わかったのは、津波が海を豊かにしたということだった。4月の時点で海は濁っていた。泥とプランクトンの大量発生だった。ところが、9月の映像では透明度が上がって、魚も多く、海底の生物、海草類も勢いがよくなる。さらに11月になると、無数の小魚が群れ、海草も大きく生い茂っていた。

   単なる回復ではなく、震災以前より海は豊かになっていた。気仙沼港など4か所で、いずれも溶存酸素飽和度が100%前後。海の底まで酸素がゆきわたっていることがわかった。首都大学東京の横山勝英准教授は「震災で水や泥が入れ替わってリフレッシュ状態」という。

   小倉「取材にいったときも、漁師さんは早く海へ出たい、『津波の後は豊漁になるんだ よね』といっていた」

   森本「昔からそういわれていたようで、取材した漁師さんも『おじいさんから聞いてホントかなと思っていたけど、潜ってみたらその通りだった』と話していました。ただ、陸の加工場とかがまだなので、水揚げできないともいってました」

   石巻から仙台にいたる海域でがれきは748か所も確認されている。家や車、電柱、漁具などが絡み合っていて、引き上げも難しい。一方でアメリカの西海岸に、津波によると思われる漁具、空き缶などの漂着物が流れ着き始めているという。

   小倉「アメリカには2014年といわれていたのに」

   自然の営みは常に想像を超える。そんななか、不明者の捜索は続く。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中