2018年 7月 23日 (月)

伊勢丹新宿店の目と鼻の先にまた伊勢丹!?ミニ店舗を各地に増殖

印刷

   「不思議な感じがします」「なんでそうなったのか、気になります」。お客もビックリの店が東京・新宿の商業施設ルミネ新宿店にオープンした。一見普通の化粧品売り場のようだが、じつは百貨店「伊勢丹」ブランドを冠した「イセタンミラー」という名の化粧品店。伊勢丹で取り扱っている20のブランドが一堂に会しているのが特徴だそうだ。しかし近くには伊勢丹新宿店もありながら、なぜライバル的な店施設のなかに「伊勢丹」が入っているのか!?

老舗百貨店も外に出て客つかまえる時代

   三越伊勢丹ホールディングスの大西洋社長の話では、小売り業が厳しいこのご時世にあって、「お客さんと接する機会をどれだけ多く作れるか」を考えてのことだそうな。「百貨店の店舗で待っているのではなく、外に出て行って、多くのお客さんを捕まえる」(小松靖アナ)戦略に出ているということだ。

   「伊勢丹」は今後も、重厚長大な母艦を離れて、あちこちに増殖する予定だという。「イセタンミラー」は3年のうちに、20~30店舗をオープンするという。このほか、三越ブランドの小型店舗をリニューアルしてミニ伊勢丹にしたり、4月20日(2012年)には紳士雑貨を中心に扱う店舗を羽田空港にオープンするという。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中