豊崎愛生の炎上「Hey Jude」―ヒントはオムツ幼児のこの動画?

印刷

   動画サイトのYouTube(ユーチューブ)には、「歌ってみた」動画が多くアップロードされている。有名曲から無名曲まで、無数のカバーバージョンがユーチューブで聞けるのだが、ただあまりに有名な曲のカバーというのは、むずかしいものだ。オリジナルバージョンが誰の耳にもなじみすぎていて、あらたに料理しようにも、よほどの腕前と個性でやらなければ、大概まずく聞こえてしまう。

3300万回のモンスター級再生

   最近は、歌手としても活躍する声優の豊崎愛生さんがビートルズのスーパー有名曲を「大好きだから」とコンサートで演奏したところ、その映像がユーチューブにアップされ、炎上するという事態が起きてしまった。

   果敢なのか、はたまた無謀なのか、歌ったのは「Hey Jude」http://www.youtube.com/watch?v=BDVicO2d6sc。ギター弾き語りで、舌っ足らずな感じの声優ボイスを活かしてソフトに歌い上げたところ、「ビートルズをバカにしてるとしか思えない」などと、低評価が殺到してしまったのだ。

   ところで、ユーチューブには再生3300万回というモンスター級の再生回数を誇る「Hey Jude」カバーが存在している。オムツをした幼児が、ギターを片手に歌っているもので、なかなか堂に入った歌声を聞かせる。どことなく豊崎さんのバージョンと似ている感じがなくもない。

   豊崎さんが歌う際に参考にしたのではないかとも考えられるが、幼児の歌には13万もの高評価がついており、評価は対照的だ。

ボンド柳生

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中