真崎ゆか「ハンドボール決勝で国歌斉唱します!思い入れ強い」

印刷

   歌手の真崎ゆかが3月11日(2012年)に東京・駒沢体育館で行われる日本ハンドボールリーグのプレーオフ決勝戦で国歌を歌うことになった。6日のブログで発表している。

   真崎は中学校のころからハンドボールをやっていた。過去に一緒にプレーした選手が今活躍しているのを見て、いつか歌でハンドボールに携わり、もっとハンドボールを日本に広めたいと思っていたという。

「今回こうして国歌斉唱をさせていただけるってことは本当に嬉しい!!!!本っっっ当に光栄!!!!この大会がハンドボールの中では日本で一番大きな大会ですし 高校卒業してからもクラブチームでしばらくやっていたけど、駒沢体育館ではよく試合をしていたのでなんだか思い入れも強いですし 精一杯の心で当日に臨みたいと思います!!」
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中