横浜地下鉄に「最優先席」なんじゃコレ?高齢者の苦情に困った!

印刷

   電車の車両の一角には「優先席」があるのが、横浜市の市営地下鉄には一風変わった「優先席」ができるという。横浜市は9年前、全席を「優先席」とし、車内にステッカーを貼るなどして広報につとめてきた。

   しかし全席優先席の導入以来、おもに高齢者から「席が譲ってもらえない」といった不満が続出。毎月数十件くらいの苦情がコンスタントに寄せられているという。

「優先席があること自体が恥ずかしい」(松尾貴史)

   番組が利用者に聞いたところでも、「優先席だということを忘れてしまいがち」「誰がどこに座ってもいいという感じになっている」「年寄りは困るんですよ。昔のように一部だけ優先席のほうが、優先席の機能を発揮していた」といった声が。困った(?)市は全席優先席の理念はそのままに、「最優先席」エリアを設けることにしたというわけだ。

   番組コメンテイターでタレントの松尾貴史は「優先座席みたいなものがあることが恥ずかしいと思わないといけないですね」と眉をひそめていた。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中