2018年 7月 18日 (水)

SKE48平松可奈子「派手に転んで骨折。正直すごく弱気になってます」

印刷

   SKE48の平松可奈子が右足を骨折し、全治6週間と診断されていた。3月11日(2012年)に本人がブログで報告している。

「3日前に派手に転んでしまいその日に病院に行ったところ骨折とのことでした。たくさんの方に心配と迷惑をかけてしまい 今は申し訳ない気持ちとこの先の不安でいっぱいです。しばらくみんなと歌って踊ることができない…念願のガイシホール(コンサート)などのとても大事な時期に怪我をしてしまって…正直すごく弱気になってしまっているんですが 自分を見つめ直し磨く期間として自分に何ができるか考えて 復帰するまでに魅力的な女の子になってまた皆さんの前で歌って踊れるように治療に専念したいと思います。これからも平松可奈子の応援、よろしくお願いします!!!!」
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中