マラソン代表「藤原新」恨んでる小倉智昭―やっとナマ出演で苦言

印刷

   ロンドンオリンピックのマラソン代表が決まった。日本陸連はきのう12日(2012年3月)、男子は藤原新(30)、 山本亮(27)、中本健太郎(29)の3人)、 女子は重友梨佐(24)、木崎良子(26)、 尾崎好美(30を選んだ。市民ランナーの川内優輝(25)は涙を飲んだ。

「考えもつかなかったトレーニング法」(マラソン解説者・金哲彦氏)

   新聞は一斉に「新顔ずらり」と伝えた。たしかに全員が五輪初出場。ビッグネームはいない。 逆にいえば、だれが飛び出してもおかしくないということだ。「とくダネ!」には東京マラソンで日本人1位、2時間7分台を出した藤原選手が出演した。実業団に所属しない異色の無職ランナーだ。

日テレばっかり

   藤原選手が注目されたのは、どこにも所属せず、1人のプロとして挑戦してきたことだ。「公務員ランナー」の川内選手も同じ。マラソン解説者の金哲彦氏は「全くいままで考えもつかなかったトレーニング法を始めた。 藤原はスピード感覚を磨き、川内は実践を積み重ね力を付けた」

   川内は落選したが、会見で「力が足りなかった。走力だけでなく、精神力、技術力を今後高めていきたい。藤原さんが独立したのを見て、ボクも1人でやってみたいと思ったので、藤原さんの五輪出場はうれしい」と話した。

東京マラソンもフジテレビ主催の時は出てない

   スタジオに現れた藤原に、司会の小倉智昭が「実は藤原さんをうらんでる」といい出した。「08年の東京マラソンで2時間8分40秒で2位になった。けいれんしながらいい走りをして、『とくダネ!』で絶賛したんですよ。でも、彼が東京マラソン走るのは1回おきなんだよ。東京マラソンは日本テレビとフジテレビが交互に主催するんだが、フジテレビのときは走らない」(爆笑)

   田中大貴アナ「ボクも言おうと思ってました」

   小倉「ご自分では考えてないでしょう」

   藤原は「その点では緊張してます」と大笑いだ。

   小倉「東京陸協の人がオリンピックに行くというのは嬉しい」

   田中「藤原選手は巨人戦の開幕試合で始球式も決まりました」

   小倉「あ、そうなの」

   田中「それも汐留の会社(日テレ)が…」(笑い)

   中本選手は拓大で1年下だ。

   小倉「後輩とオリンピックに行くってのはどうですか」

   藤原「不思議な気分ですね。部屋が一緒だったこともあるんで、身近な距離でロンドンという遠くまでいくというのが」

   小倉「なんか、先輩には負けたくありませんと言ってるらしいよ」

   藤原「いや、それはない」

   ひとりで頑固に流儀を守る。実業団でぬくぬくと練習している選手ばかり見ていると、やはり強さがある。番組はビッグマウスの浪費家なんていっていたが、自分で考えて歩いているところがなんともいい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中