上越市・地滑りー平らな田んぼ横切って集落ひと飲み

印刷

   新潟・上越市の地滑りが止まらない。3月7日(2012年)に最初の兆候があったときは山裾のほんの一部だったが、翌日に少し広がって民家まで200メートルとせまったが、間にはまだ平らな田畑があった。ところが、きのう13日に平らなところを滑ってきて、とうとう11棟の集落をひとつ飲み込んでしまった。

   最初は木が折れる音だったと住民は言う。「パキーン、ポキーンと聞いたことのない音だった」。地滑りが始まったところは傾斜10度ほど。地滑りの危険地域でもなかった。はじめは毎時20センチ、それが50センチになり、また20センチから70センチと定まらない。しかし、確実に動いていく。

避難準備の住民も「本当に滑って来るの?」と半信半疑

   上越市は現場にブロックを積上げ、地下水を抜き取るなど食い止め対策に大わらわだが、効果のほどはわからない。現地にレポーターの岸本哲也がいたが、家が家を押しつぶし、さらに次の家が…という状況がよくわかる。リポートしている間にも、ミシミシという音が聞こえる。「あの家は昨夜はこうでした」と道路上に押し出された家の写真を見せ、「いまはこうです」と比べると、明らかに1メートル以上は移動していた。

想像超える規模

   地滑りの先端は道路をまたいだところだが、200メートルほど先に別の集落がある。上越市はここの21世帯80人に「避難準備」を勧告した。住民は家具などをトラックで運び出していたが、まだ半信半疑だ。なにしろ地滑りの先端との間は平らな田んぼなのだ。ここを滑ってくるという実感がない。しかし、きのう飲み込まれた集落だって「まさか」だった。

冬の大雪に気温急上昇で大量の雪解け水

   原因は雪解け水。5日 から3日連続で最高気温が10度を超え、融雪が進んだ。これ自体はいつものことだが、今年は大雪だったから解け出した水の量が多かった。 やわらかい地盤の下に粘土層があって、大量の水がたまると上の地盤が崩れる。新潟では過去5年間に、706件の地滑りがあったが、3分の1が2月から5月の雪解け期だという。85年には糸魚川市で5棟が全壊、10人が死亡しているが、このときも大雪のあとの気温上昇だった。

   司会の小倉智昭が「福島第1原発の下にも地下水があって、地震でどんな動きをするとかいう話がありましたけど、地下水は曲者ですね」

   デーブ・スペクター(プロデューサー)「春が来たと安心していられない」

   小倉「津波と違ってスピードが遅いんだから、途中でなんとかできないのかと思っちゃうけどね」

   高木美保(タレント)「糸魚川だったか、現場を見たことがあるけど、テレビで見るのでは想像できない規模なんですよ」

   小倉「山から離れているから大丈夫だと思ってたところが今回の現場ですからね。ご注意ください」

   今回はゆっくりだから助かったが、自然の力は恐ろしい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中