寺田農「婚約不履行で5500万円」事実婚女性が訴え

印刷

   個性的な脇役で知られる俳優の寺田農(69)が事実婚状態にあった女性から婚約不履行で訴えられていた。慰謝料5500万円というのはただごとでない。女性は尾台あけみさん(55)といい、テレビ番組などに車を貸し出す仕事をしていた。2001年にテレビ番組の撮影で寺田さんと出会い、2人は意気投合して付き合いが始まり、数カ月後にプロポーズされたという。

「離婚待ち」で都内のマンションに一時同居

   尾台さんはこう話す。「お寿司屋さんのカウンターで『結婚しよう』といわれました。『うれしい』といいましたが、『愛人はいやですから』ともいいました。私は45歳でした。還暦を前にした人の言葉を疑わなかった」

印象悪い

   当時、寺田は結婚していたが、破綻状態にあると聞いた。尾台さんは離婚を待つ形で、03年から尾台さんの息子と3人で都内のマンションで同居を始めた。寺田は母親の看護のため半年で実家に移ったが、事実婚は続き家賃も寺田が払っていた。尾台さんの親族の集まりには寺田は婚約者として出てもいた。

「若ければケンカもしたでしょう。でも、45歳でプロポーズされて、『待っててくれ』といわれたら、最後の恋だと思ってひたすら待とうと思いました」

昨年9月に報道で知った「寺田の離婚と歳の差再婚」

   ところが昨年9月、寺田が2010年12月に再婚していたことが「32歳の年の差婚」と報じられた。尾台は「本人からより先に報道で知らされたんです。わかりますか」という。寺田が06年に離婚していたことも知らなかった。話し合いを持ったが、そこで「いいお友だちとしてつき合った。かわいそうだからといわれました。とっくに終わっていたでしょうとも」と尾台さんはいう。2人の間では電話やメールが続き、再婚報道の前の日も電話で話していた。

   尾台さんは「10年間本当に愛していた、信じていた。それを心も身体も全部根こそぎ引きちぎったんですよ。突然に捨てていった」「子どもがオモチャを捨てるときだってこんなひどい捨て方はしない。履き古したクツだって少しは『ありがとう』という気持ちをもつでしょう」と話す。

寺田事務所「100万円程度の慰謝料なら払う」

   寺田の所属事務所は「弁護士にまかせているので、コメントはありません」と言っているそうだ。

   司会の小倉智昭「寺田さんといえば、強面でニヒルな役が多くて、渋い役者さんでしょ。尾台さんの言うとおりなら、イメージが全然違う」

   尾台さんにインタビューした平野早苗レポーターによると、寺田側は「5年前には関係は終わっている。慰謝料は100万円程度なら払える」といい、「結婚という言葉を口にしたことはない」といっているという。たしかに5500万円というのは精神的苦痛にしては高すぎる。専門家によると、相場は100万円くらい。相手の資産などで変わるという。

   小倉「尾台さんの話だけだと寺田さんに不利な状況にみえる」

   高木美保(タレント)「印象は悪いですよね。言い分はどうあれ親族やお友だちに婚約者として紹介し、親族の結婚式にも出ているんでしょう。どこかできちんとしてないとおかしい」

   平野「ただの心変わりでは婚約破棄はできないんです。相当な理由がないと」

   小倉「婚約してないよといったら…」

   デーブ・スペクター(プロデューサー)「寺田さんは当分外出できない(笑い)。9割の人が尾台さんを支持する」

   芸能デスクの前田忠明 「こういう例はいくつかある。民事になると必ずしも通らない」

   小倉「尾台さんはきれいなんだし、『最後から二番目の恋』というドラマもあるじゃないですか。前向きに生きてもらいたいと思いますけどね」

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中