大阪市「関電株主総会に乗り込むぞ!」全原発停止を提案

印刷

   3月18日(2012年)に開かれた大阪府と大阪市による「エネルギー戦略会議』」で、関西電力の筆頭株主である大阪市が6月の株主総会に提案する骨子を大筋まとめた。それによると、「可及的速やかに全原発の廃止」を経営の目標にしているほか、送電事業を子会社化して「発送電を分離」、停止中の原発の再稼働については「安全性の確保」を行ったうえで、需要が供給を上回り電力不足となる場合に限って「必要最低限の稼働を検討する」としている。

   大阪市は4月上旬に正式決定し、関電株を保有する神戸市や京都市にも協力を働き掛け、共同歩調を取りたい考えという。

もたもたしている政府の尻叩く狙い

   司会のみのもんた「矢継ぎ早に発言が続きますね」

矢継ぎ早

   これに柿崎明二(共同通信編集委員)が待ってましたとばかりに、「国の政策がはっきりしないところを突いてきた。影響力のある自治体ですから、大阪電力(関西電力の間違い)も無視できない。非常に面白い展開になると思います」と歓迎する。

   関電は国や東電、他の電力会社とも鳩首協議のうえで対応を決めるのだろうが、たしかに今後の成り行きは見逃せない。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中