2020年 12月 1日 (火)

中島知子「占い師」どこにいる?次なる獲物探しで姿くらましたまま

ゆとりある老後生活費は平均34.9万円!?今から始められる対策とは

   占い師のマインドコントロールでひと騒動だったタレントの中島知子の自宅家賃滞納について、家主の木元雅弘の義母にあたる樹木希林が17日(2012年3月)の会見で、「うちはもうこれでお終い」と収束を宣言した。

   希林は家賃滞納で中島を訴えたのは、「(中島の)お父さん、お母さんの『命があるかどうかわからない』と切実な思いを聞いていたから」と、中島を占い師から救うためだったこと、また訴訟も取り下げたことを明かした。

樹木希林「両親も松竹芸能も滞納家賃肩代わりない」

   騒動は中島の事務所の家賃滞納を訴えた別の訴訟から始まって、この日が47日目。この間、2月29日には 訴訟で明け渡し判決があり、その日に中島が自宅を出ていったことがわかっている。都内のホテルで療養中といわれる。この間、自宅前には絶えず報道陣が張り付いていたが、希林は「マスコミの方にお礼申 し上げたいのは、張り込んでくれたお陰で、私が個人的に探偵を雇わなくてもよかったこと。お金が助かった」と笑わせていた。

中にはいない

   滞納の390万円については、「松竹芸能や親が肩代わりということは一切ない。中島さんが稼げるようになったらでいい」という。中島には「芸能界に生きていれば、少々あった方が人生面白い。みんなで最後に笑えればいいんじゃないの。そんな気持ち。またどこかでお会いしたい」と言っていた。

文   ヤンヤン| 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中