春の新番組「深夜バラエティー激突」日テレVSテレ朝VSTBS

印刷

   春の新番組が出そろった。注目点はゴールデンタイムの視聴率争いもさることながら、面白そうなのは深夜時間帯の番組の激突だ。日本テレビ系はこれまでメインは30分番組の2本立てだったが、時間枠を55分に拡大する。火曜は去年の秋から始まった「芸能★BANG+」の強化、水曜はブラックマヨネーズをメインにした「ピロロン学園」で、いずれも11時58分からの放送だ。55分枠にしたのは人気次第でゴールデンタイムに「昇格」させようという狙いからで、それだけに制作現場も力が入る。

   テレビ朝日系は「妄想捜査」などを放送していた日曜よる11時15分からの連続ドラマを廃止して、バラエティー「~明日へ向かってポジティブに!日曜×芸人」をスタートさせる。アンタッチャブル・山崎弘也、オードリー若林、バカリズムが、ゲストが持ち込んだポジティブニなれる話題やスポットに評価を下す。

   TBS系は水曜午後11時50分からの「タカトシの時間ですよ!」。タカアンドトシを中心にしたトークやお笑い芸人の体当たり体験といった内容のようだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中