超技なわ跳び「ダブルダッチ」女子高生4人いまや世界の頂点

印刷

   茨城県取手市の女子高生4人によるダブルダッチチーム「DIANA」が「朝ズバッ!」に生出演して世界一の妙技を披露した。ダブルダッチは縄跳び競技の一種で、普通の縄跳びとちがうのは2本の縄を使ってスピードや複雑で難しい技を競うあう点だ。

昨年の世界選手権で優勝した「取手市の星」

   DIANAは昨年6月(2011年)の「アメリカンダブルダッチリーグ世界選手権」で優勝し、2分間で408回を跳んで日本記録を樹立している。赤塚あずさ、金子有沙、坂巻歩美、相澤めぐみの4人が始めたきっかけは地元の縄跳び大会だった。これを見た1人が仲間を募ったのだ。

なに言ってんの

   中学2年の時にDIANAを結成し、高校1年からコーチについてもらうとメキメキ頭角を現し、以来、数々の大会で優勝。今では、地元のイベントに参加したり小中学生に教えるなど、ダブルダッチの普及活動にも力を入れ「取手市の星」といわれている。

みのもんた挑戦!たった3回跳んでダウン

   スタジオで、縄を操る人、跳ぶ人と2人1組になってその妙技を見せたあと、「みのさん、できますか。ではさっそくみのさんにやっていただきましょう」とアナウンサーの加藤シルビアが振った。

   みの「なに言ってんの。私はダブルダッチワイフですから」とわけの分らないオヤジギャグを呟きながらやってみると…。1回目は縄が鼻に当たり失敗、2回目もゆっくり3回跳ぶのが精いっぱいだった。いかに彼女たちが凄いかがわかる。

   「今週末に日本で初めて開催される世界大会に私たちも出場しますので、応援よろしくお願いします」と言い残して、4人は跳ぶように去っていった。後に残ったのは、ぜいぜい吐息を切らせたみのもんた。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中