ウナギ絶滅近い?稚魚ほとんどとれず養殖蒲焼きも急騰

印刷

   「次はウナギです」と司会の小倉智昭が目を剥いた。日本人にとっては一大事だ。ウナギの稚魚シラスが3年連続の不漁で、このままだと絶滅するかもしれないと、水産庁はきのう22日(2012年3月)に対策会議を開いた。原因は不明だという。

1時間でやっと1匹「白いダイヤだよ」(漁師)

   シラスが不足すると養殖もできない。数が減ってウナギの蒲焼きの値段も上がっている。東京・目黒の老舗 「にしむら」には「値上げのお知らせとお詫び」と大きな張り紙があった。かつて1700円 だったうな重が、昨年7月に1900円 に値上げし、先月は2200円になった。

穴子でガマン

   「心苦しいんだけど、この2年、 どうにも踏ん張りようがないくらい上がっている」という。別の店でも「1月の下旬から値上げさせていただいた。どうしようもない状態なので」と話す。仕入れ値が一昨年の2~3倍では仕方がない。客の方も「あまり食べられなくなる」とあきらめ顔だ。

   神奈川・藤沢市の河口で網をはる漁師を岸本哲也リポーターが訪ねた。シラスは夜、川をのぼるので、作業は深夜になる。灯りをつけて網ですくう。指先ほどの長さの透明なシラスは、高値だから「白いダイヤ」ともいわれる。だが、獲れたのは1時間で1匹。5時間で10数匹だった。水産庁によると、漁獲量は3年前の24・7トンがいま9・5トンと半分以下だ。生魚の値段も07年 には1キロ2000円以下だったものが、いま4000円超。中国産も同じように高くなっている。

詳しい生態わからず減少原因は不明

   昨日のシラスウナギ対策会議には、研究者や養殖業者など約100人が参加したが、水産庁も「原因がよく分からない。基本的な生態がよくわかっていないので」というばかり。具体的な対策は立てられなかった。

   生態でわかっているのは、グアムやマリアナ近海で生まれたシラスが、フィリピン沖から黒潮に乗って日本近海へやってくるというだけだ。夏に生まれて日本に寄ってくるのは半年後の年末年始だったのが、今年は5~6月 と時期が遅れている。海流が変わったか、産卵場所・時期がずれたのか、渦ができるという説もあるが、結局答えはえられていない。

   東大・大気海洋研究所の塚本勝巳教授は「減少のスピードからいって、やがてウナギは絶滅に向かう可能性がある」とまでいう。その前に、4月には今一段の値上げがありそうだ。

   小倉「勢いよく上ることをうなぎ上りというけど、価格がうなぎ上りじゃね」

   岸本「食べる前にハシをとめて、思いに耽った方がいい」

   深澤真紀(コラムニスト)「日本はこの1種類だけでこれだけお店があるという珍しい国なので、うなぎ屋さんが成り立たなくなると困る。大好きだから」

   小倉「昔から贅沢品で高かったけど」

   魚にくわしい芸能デスクの前田忠明は「いまでも十分高いから、これ以上高くなったら、穴子で我慢するしかないか」

   しかし、誰も笑わなかった。穴子だってねぇ…。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中