中島知子騒動で新展開ー占い師側反撃「私たちこそ被害者」

印刷

   <今週のワイドショー通信簿>中島知子の自称占い師騒動は、中島が自宅マンションを出たことで一件落着と見られたが、今週はまったく違う様相になってきた。占い師の母親とオバが取材に応じて、「すべては中島さんの指示だった」と反論し、マインドコントロールされていたのは「コッチだ」と言い出したのだ。これを最も熱心に追いかけたのがフジテレビ系「とくダネ!」だった。

   「占い師親族反論!『占いなんてしていません。全部ウソです』」(2012年3月21日放送)、「『マインドコントロールしてたのは中島さん』占い師親族が大反論」(3月22日放送)といった具合だ。それによると、自称占い師は占いなどやっておらず、親族も中島の家事の面倒を見るために一緒に住もうと指示され、テレビも週刊誌も携帯電話も禁じられていたという。生活費などはもらっておらず、年金や服を売ったりして暮らしていたと話す。占い師も中島から外出しないように言われていたという。

   これに対して、取材した「とくダネ!」のレポーターやコメンテーターは「事実と違う」と言い、にわかには信じられないとした。今後も親族や占い師が登場して「私たちこそ被害者」と言い続けたり、中島がそれに反論するようなら泥沼化は必至。ワイドショーにとって格好のネタだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中