SHEILA「39歳初産で4時間のスーパー安産、ドクターもビックリ」

印刷

   モデル・タレントのSHEILA(39)が3月23日(2012年)、第1子となる女児を出産したことをブログで報告した。

「みんなー!! ベビレディちゃん生まれたよー!! 昨日の、3月23日午後1時に2850gの元気モリモリな女の子が無事に生まれてきてくれました」

   SHEILAは日本人の父とキューバ人の母を持ち、ファッションモデル、スポーツキャスターとして活動している。2009年に一般男性と結婚した。

   一時は医師から「帝王切開になる可能性がある」とも告げられていたが、陣痛が始まってからは順調で、39歳、しかも初産だったにもかかわらず、「4時間のスーパー安産で出産することができました」。これには医師もビックリしていたという。

「本当にみんなからの愛と安産パワーが届いたとしか思えない。奇跡だよ。みんな、本当に本当に本当に!!!!! ありがとうございました。もう感謝でいっぱいです」

   コメント欄には25日昼の時点で、ファンからの1500件近い祝福のメッセージが寄せられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中