前田敦子卒業サプライズ「保育園の大騒ぎですね」いやあ女性は冷たい

印刷

   「これは驚いたね。いまイチローも大リーグも来てるのに、スポーツ新聞は全部これが トップだった」と司会の小倉智昭がいう。きのう25日(2012年3月)に「さいたまスーパーアリーナ」で行われたコンサートが終わったところで、AKB48のトップ、前田敦子(20)が突然「卒業」を宣言したのだ。

相談受けてたのは高橋みなみら少数

「私は14歳の時にAKBのオーディションを受けました。そして、初期メンバーとして加入させていただきました。オーディションは人生で初めての大きな決断でした。そして今日ここで」と一息ついて、「2回目の大きな決断をさせてください」
彼女は過呼吸

   胸をさする。涙が光る。「私、前田敦子はAKB48を卒業します」と叫ぶように言って、深々と頭を下げた。何がなんだかわからない。後ろのメンバーが目を見開いて前田を見ている。知っていたのか、高橋みなみ(20) が「皆さんの暖かい声がきっと彼女の背中を押してくれます。私たちも全力で」と前田を振り向いて、これも涙。「がんばりたいと思います」

   2005年のスタート。09年の第1回選抜総選挙で1位。翌年は2位、次がまた1位と、AKB48のフロントライ ンを守ってきた。6月に次の総選挙だ。それがなぜ突然の卒業なのか。前田はこういった。

「東京ドーム(公演)の発表があって、14歳の頃からの夢がかなったととても感動しました。20歳の夢に向かって歩き出さなければと、あらためて思うことができました」

   つまりは20歳の決断だと言う。

   AKB48の仕掛人、秋元康は新聞に「前田が決めたことなので応援します。14歳からセンターの重圧に耐えてきたわけですから、今は『よく頑張った。お疲れさま』と言ってあげたい。相談は受けましたが、自分で決めなさいといいました」とコメントしている。知っていたのはごく少数だったらしい。

   田中大貴アナが「何度もAKB48の取材には行きましたし、きのうスポルトの直前にこれを知って、正直、動揺しながらのオンエアだった」と前置きして、「メンバーのほとんどがその場で知った。高橋みなみさんも相談は受けていたけれども、という話でした」

6月総選挙は辞退、東京ドームで引退か

   芸能デスクの前田忠明が「CMの関係がありますから、所属の太田プロはクライアントに連絡したりドタバタだったらしい。去年からソロで出るという話はあるし、歌ってもいる。ドラマにも出ている。彼女は過呼吸というのか、興奮すると息が詰まることがあって、それを治すともいう」

   夏には東京ドームがあるので、6月の総選挙は辞退して、東京ドームで卒業というのが前田の読みだ。

   小倉は疑り深い。「スポーツ紙もテレビもみんな揃っているということは、昨日のライブで何かがあるとわかってたんでしょう?」

   田中「私たちは知りませんでした」

   中野美奈子アナ「毎回なにかサプライズがある」

   田中「何かあるとは思っていましたが、こんなサプライズとは…」

   小倉「うまいんだよ、やり方が」と、夏野剛(NTTドコモ元執行役員)に向かって「詳しいんですよね」という。意外や夏野は、「6年間で成長した。プロの女優さんみたいな風格が出てきてるから、いいんじゃないですかね」という。おやおや。小室淑恵(生活コンサルタント)は「保育園の大騒ぎですね」などと冷たいこと。女には、若いというだけで許せないときが必ず来るもの。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中