あっちゃん卒業!理由は「もう緊張感や重圧に耐えられない」?

印刷

   春の卒業シーズンも終わろうという今日この頃、人気アイドルグループAKB48の「センター」を張る、中心メンバーの前田敦子がAKBを「卒業」することがわかった。昨晩(2012年3月25日)のAKBのコンサート中に本人が発表したそうで、「後輩のために卒業して歩き出さなければいけない」との理由だという。

事務所やレコード会社への連絡も当日朝

   番組によれば、前田は芸能界を辞めるわけではないが、脱退の時期や今後の活動などについてはわかっていない。昨日の発表については、事務所やレコード会社も当日の朝まで知らず、「本当に突然の発表」(大西洋平アナ)だったという。

   番組の字幕スーパーには「なぜ?決断の真相」とあったが、その実めぼしい「真相」、あるいウラバナシは聞かれなかった。「日刊スポーツ」芸能デスクの話として、「14歳からプレッシャーを背負ってきて、緊張感や重圧に耐えられなくなったのではないか」との推測が伝えられた。

   また、「ファンの間では、前田さんが以前から女優になる夢があることは有名だった。今後、そこへ向かっていくのかどうか」(大西)ということで、女優転身も取り沙汰されているようだ。

文   ボンド柳生
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中