2018年 7月 16日 (月)

東京の桜開花3月30日ごろ―花見どころじゃなかった去年の春

印刷

   年々歳々、同じような朝の情報番組では、春のこの時期、桜(ソメイヨシノ)の開花情報、開花予想にナマ中継――といったものは定番のネタである。今朝(2012年3月26日)は、静岡から桜の中継があり、河津桜の映像なども流れた。朝ワイドも花も年々歳々といったところだが、ただ去年だけは例外だった。「去年のこの時期は――」とコメンテイターでジャーナリストの青木理が口を開く。東日本大震災および原発事故により、桜、花見どころではなかったというのだ。

全国的に桜前線遅れ気味

   たしかに昨年、ワイドショーで桜情報などやっていただろうか。あったとしても記憶の片隅にすらない。花見といえば「花見を自粛すべきか」という話題があったのは覚えている。今年は大分「年々」に戻ってきたようだ。「去年は花見なんてしなかったけど、今年はちょっと行ってみようかな」と青木が言う。

   今年の桜は少々、遅れ気味の様子で、四国、九州地方や静岡など、もう咲いているところもあるが、東京では3月30日ごろからだという。例年より5日ほど遅いそうだ。

文   ボンド柳生
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中