2020年 12月 1日 (火)

桑田、立浪ら解説光った「巨人×マリナーズ」大リーグ苦労話聞き応え

「MLBプレシーズンゲーム~東京ドーム 巨人×マリナーズ」(日本テレビ)2012年3月26日19時~

   この前日の25日、阪神タイガースがマリナーズに快勝した試合も見たが、今回も日本側の大勝利であった。しかも、先発登板が怪しくなっている岩隈久志がアメリカ方のピッチャーで、日本方のピッチャーはソフトバンクから移籍してきたホールトンに、前からいるゴンザレス、日米があべこべピッチャーでややこしい。その岩隈がめっちゃ打たれ、ボコボコにされて先発テストはお陀仏だ!
   解説は桑田真澄、立浪和義、長谷川滋利らで、みんな一家言ある経験者ばかりなので物凄く聞きごたえがあった。例えば、大リーグではフォークを投げようと思っても、キャッチャーはど真ん中のストライクゾーンに構えるから、ワンバウンドしそうな落差の大きいフォークは投げにくくなる。下の方に構えてくれないのだそうだ。
   また、日本のようにキャッチャーが配球を色々出すのではないので、究極のところピッチャーが自分で考えて、打者の弱点を把握して選球しなければならないからデータを自分で記憶しておく必要がある。キャッチャーとのコミュニケーションが言語の問題で十分にできないと、結果は袋叩きだ。なるほど、岩隈もそれだなと納得がいった。アナウンサーはズタズタのマリナーズ側について褒める場面がなかったので、イチローのレーザービームのシーンと、川崎の張り切りボーイぶりを盛んにヨイショしていたが、はっきり言ってマリナーズには見るべきものはなかった。巨人大喜びの大勝利。

(黄蘭)

採点:1
姉妹サイト
    loading...
お知らせ

注目情報

PR
追悼
J-CAST テレビウォッチ
アクセスランキング
  1. 菅義偉は疲労の極に達している。主な要因はコロナ対策と経済回復を同時にやろうとする菅を忖度しない尾身茂分科会会長だ。官邸スタッフは「政府の組織なのだからこっちの意向に沿って発言しろ、と。ところが尾身さんは無視して危機を訴える。総理は怒っていますが、下手に圧力をかければ学術会議の二の舞になるのでイライラが募っている」という
  2. 「エール」最終回コンサートに感動の渦!「本物の紅白でもやってほしい」「みなさん歌が上手でビックリ」「岩城さんのイヨマンテ、マジ凄すぎる」
  3. 「R-1グランプリ」芸歴10年縛りに賛否激論「売れない中堅芸人が必死にあがく姿を見たい」「コンビの片割れはやめ、ピン芸人限定に」「飛び道具持って来た奴の勝ちはおかしい」
  4. 安倍晋三の「桜を見る会」事件が永田町を震撼させている。東京地検特捜部が安倍の事情聴取に踏み込むのか、特捜部にその"覚悟"があるのかに注目が集まる。しかし、ポストによると同じ疑惑の構図が菅義偉にもあるという。官房長官時代に毎年横浜のホテルで開いていた「菅の春の集い」がそれだ。
  5. 「沢尻エリカ」復帰シナリオ!?芸能・テレビ界の裏で囁かれる「彼女は引退と言っていないから・・・」
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中