「地獄絵本」売り切れ続出!子どもに見せて「しつけ」!?幼稚園では紙芝居

印刷

   こいつぁ驚いた。「地獄じごく」という32年も前に出た絵本がいま急に売れ始めているのだという。出版社の方もびっくり。中身は地獄のイメージそのものだ。もとは千葉・安房郡の延命寺あった「地獄極楽」という絵巻き。赤鬼がウソをついた人間の舌をひっこ抜いたり、殺生をしたものは手足を切られ体を輪切りにされる、血の池を泳がされ、針地獄、火あぶりされる亡者たち…。いや、おそろしい絵が次々と現れる。

「嘘ついたら釜ゆで地獄じゃあ。盗みは火あぶり地獄だぞう」

   これがいま、「泣く子も黙るコワ面白さ」「東村アキコさん推薦」などと人気で、書店の本棚はカラッポだ。「品切れ入荷待ちです」とある。入ったらすぐ売れてしまうそうだ。ネットの書店でも、「入荷次第発送」になっていたり、定価1575円(税込み)が「3690円より」となっていたりする。値段をたどると、6000円超から最高は1万2800円まであった。出版の風濤社では「この数週間の動きには正直、戸惑っています」という。

地獄教えるかどうか…

   ネットの購入者の評価も平均で4.88だ。「学校の読み聞かせにいい」という書き込みがあった。「ウソをついたり盗んだりすると、この地獄へ堕ちるというと、しーんとしていました。小学1年生、5歳、3歳の子どもたちにも端的に伝わった」とコメントにある。

   幼稚園でこれを紙芝居にしてみせてみた。「閻魔大王だ。お前を地獄へ連れて行く」とお姉さんが読み始めたら、こどもたちが固まった。「お前は針地獄に堕ちろ」「あーっ!」と叫んで見せる絵は、赤鬼が胸に刀を突き立てて血しぶきが上がり、腕が切られてそれを餓鬼が食べている。「ウソをついたり、約束をやぶったものは釜ゆで地獄じゃ」。黒鬼が釜をかき回している。「盗みをしたものは火あぶり地獄」。男の子は耳をふさいでいた。

   「告げ口をしたら針地獄。お前さん方も気をつけなされや。おしまい」と終わると泣き出す子や先生にかじりつく子が出た。しかし、絵本を見せると指差したり興味津々だ。絵本の最後は、「子どもたちよ、いのちをそまつにするなよ」と大きな字があって、お釈迦様の絵で終わる。

東村アキコ(漫画家)が推薦して火が付いたブーム

   荘口彰久レポーターによると、集英社の漫画「ママはテンパリスト」の中に、この「地獄」を子どもに見せていさめるシーンがあって、漫画家の東村アキコが推薦してブームとなったらしい。深澤真紀(コラムニスト)は「脅迫的ですね。子どもには影響力があるので、受け入れられる子かどうか見極めないとトラウマになっちゃったりも」とちょっと心配顔だ。

   ショーン・ マクアードル川上(コンサルタント)「アメリカでは絶対だめですね。神様が800もあるといっても理解できないから」

   司会の小倉智昭「親として地獄があるよと教えるか、そんなものないよと教えるか」

   中野美奈子アナ「子どもたち反応してましたね」

   強烈だからいいのかどうか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中