東京電力「加害意識ゼロ」―料金値上げ、税金支援3兆円、でも国有化イヤ

印刷

   番組冒頭から消費税、電気料金、原油(ガソリン)と、「上がる」三役そろい踏み。なかでも「義務の値上げ」画策のかたわら、公的資金による約1兆円の支援を求める東京電力への批判は止むことがない。

社長「民間として将来しっかりやっていく」

「いいですね。燃料費高くなったら電気代上げて、会社が危ないから税金1兆円くださいって。すごいですね」
凄いですねえ

   日頃、さわやかおだやか路線の羽鳥慎一キャスターも東電問題には嫌悪感丸出しの皮肉な口調である。

   結局、あれやこれや累計3兆円以上が国から東電に投入され、実質国有化されるという。ただ、東電側は国の支配よりはみずからの「民間力」に恃むところ大らしく、東電社長はきのう29日(2012年3月)に「正すべきところは正すが、民間としての活力は発揮して、将来に向けてしっかりやっていく」などと発言したという。

   すると今度は井口成人リポーターが憤懣やる方ないといった調子で、声を張り上げた。「この(社長の)言葉を聞いて、ホントにダメなんだなと思いました。この人たちはいまでもぬるま湯のなかにいるんだと。「『民間として』というなら、税金、資金投入を求めないでください」

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中