立体駐車場3歳児挟まれ死亡!法的基準なしで安全管理業者任せ

印刷

   大阪・茨木市のマンション敷地内できのう2日(2012年4月)、3歳の男の子が機械操作の立体駐車場で死亡した。機械式3層の駐車場の一番下から母親が車を出そうとしているときに、サイドの隙間に入り込んで挟まれたという。

設置されていなかった柵、チェーン、センサー

   番組によれば、こうした駐車場では過去にも死亡事故が起きているという。安全管理について法的な決まりはなく、業者が自主的に柵やチェーン、センサーなどを設置するなどしているという。問題の駐車場にはそうした設備はなかった。

気をつけないと

   司会の小倉智昭は「ある程度の安全基準はあるんでしょうし、こういうのにセンサーを付けたりしたら、べらぼうにおカネがかかって大変な機械になっちゃうでしょうからね」と費用を気にした上で、「とにかく利用者側が気をつけること」を提唱していた。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中