バカヤローな番組改編期恒例「感謝祭」太田、たけし腹立つ悪ふざけ

印刷

「オールスター感謝祭12 春 超豪華!クイズ決定版」(TBS)2012年3月30日18時25分~

   番組改編期恒例番組「オールスター感謝祭」。前回は島田紳助の代わりを今田耕司、ロンブー淳、東野幸治の後輩が交代でつとめていたが、今回からは正式に今田が新司会者に就任し、新体制となった。初っ端から変なテンションで飛ばしていたのが爆笑問題の太田。開口一番「今田さんに質問なんだけど、島田さんはどうしてるんですか?」とKYな質問をし、スタジオを凍らせていた。太田はスキあらば解答者席から出てきて絡もうとするから鬱陶しい。
   もうひとり面倒なのがビートたけしだ。マラソンのさなか、坂道を黒づくめの服装にサングラスで伊勢丹の紙袋を持った例のオセロ中島の占い師親族の格好をマネしてカメラに映りこんだかと思えば、スタジオには内田裕也に変装して登場。そこで自ら作った問題を出題するのだがこれがまたひどい。たとえば「小倉さんはどれ?」という問題では、カツラっぽい頭の生え際をアップで映し、徐々に引くとそこに素人のおっさんが4人。小倉智昭だと思っただろう、などと笑うのである。太田もたけしも悪ふざけが過ぎる。しかもそれが面白くないから余計に腹が立つ。案の定、ほかの出演者は彼らが出れば出るほど引いていたように見えた。
   「ぬるぬる相撲」のお目付け役で出て来たアントニオ猪木が、ぐだぐだになった終盤、「バカヤロー」と叫んでいたが、まったく「バカヤロー」な番組だった。

(白蘭)

採点:0
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter

このエントリーはコメント・口コミ受付を終了しました。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中