NHK朝ドラ「梅ちゃん先生」第3話目で視聴率20%

印刷

   NHK朝の連続テレビ小説「梅ちゃん先生」が4月4日(2012年)放送の第3話で、平均視聴率20%(関東地区、ビデオリサーチ)を記録したことがわかった。

   近年の番組と比較すると、2010年前期の「ゲゲゲの女房」は20%到達に約2か月半かかり、2010年後期の「てっぱん」は最終話の1話前にようやく到達。2011年前期の「おひさま」は第5話で20.6%に達したが、「カーネーション」は放送開始から約1か月半かかっていた。「梅ちゃん先生」は好調な発進といえそうだ。(テレビウォッチ編集部

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中