ケイト・ウインスレット「タイタニックのテーマ曲聞くと吐きそうになる」

印刷

   ジェームズ・キャメロン監督の「タイタニック3D」が4月7日(2012年)に公開された。セリーヌ・ディオンが歌ったテーマ曲「MyHeart Will Go On」は大ヒットしたが、主演のケイト・ウインスレットは「あの曲を聴くたびに吐きそうになる」という。ケイトへのサービスのつもりか、行く先々であの曲ばかりが掛けられ、「もう勘弁して欲しい」ということらしい。

   「タイタニック」撮影時の秘話を米「ピープル」誌が明かしている。冷たい氷山が浮かぶ冷たい海中シーンが見どころの1つだが、撮影の時は温水プールのように温められていて、役者の白い息はCGであとからつけた。また、終盤に救助ボートに乗り移るシーンでケイトの手がアップになるのだが、ケイトの腕は毛がボサボサ…メイクがかりが毛を剃って化粧したという。タイタニック事故からことしでちょうど100年だ。

Noriko Fujimoto

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中