復帰へ第一歩 女子サッカー丸山「いい状態」

印刷

   サッカー女子日本代表「なでしこジャパン」の一員として、2011年のワールドカップ優勝に貢献した丸山桂里奈が、2012年4月7日に練習を公開、けがからの復帰の第一歩を印象づけた。7日夜に更新したブログでも、その様子をつづっている。

   丸山は2011年9月のロンドン五輪アジア最終予選で右ひざ前十字靱帯を損傷、全治6か月の診断を受け、以後はリハビリに努めてきた。4月7日は、所属チーム「大阪高槻」に合流しての練習2日目。ブログでは「いい状態」と明かし、徐々に試合勘を取り戻して体力もあげていくとしている。今の段階では、何が「無理」な状態なのか分からなくなっていると戸惑いもみせるが、

「だからこそ無理はしちゃだめなんだけどね」

と、自制する大切さも忘れていない。

   この日は、高槻警察の1日警察署長も務めたという丸山。制服を身にまとって笑顔で敬礼する写真を公開し、

「ミニスカではありませんでしたか、ポリスかりなしてきました」

とうれしそうだった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中