小林幸子の「真実」と結婚 主婦モデル「愛は盲目」指摘

印刷

   歌手の小林幸子が、35年間支え続けてくれた小林プロモーションの女社長と専務をあっさり「解任」したことが物議をかもしている。

   これについて小林がコメントを発表したが、その中で解任劇を報じるマスコミに「真実と異なる報道が悲しくここにファックスさせて頂きました」と異を立てた。

「真実とは異なる報道」とは?

   『モーニングバード』(2012年4月9日)が「『真実とは異なる報道』とはどういう意味でしょうか?」(司会の赤江珠緒)と取り上げた。

どういう意味?

   ことの起こりは2月上旬、2011年11月結婚した、医療関係会社の社長をしている夫(49)と前社長とのこんなやり取りからだという。

   夫「(NHK紅白の)衣装が何故こんなに高いのか」、前社長「素人に何がわかるのか。わからないのに口出ししないで」、夫「今年から自分が衣装をつくる。僕なら3分の1でできる」、前社長「それならやってみなさいよ」、夫「やりますよ、僕はスーパーマンだからできる」。

   夫はそのまま小林とウィーンに新婚旅行へ。ところが戻ってきた小林が前社長に「アレ、まだいたの、いつ辞めるの?」。その後、前社長による「お金の使い込み」など、たちの悪いうわさが飛び交った。そこで双方が弁護士を通じて帳簿のチェックを行った結果、事務所の金銭関係は全く問題なかったことが判明したが、泥沼状態に。

   確かにNHK紅白に出場する豪華な衣装には4億円もする衣装もあり、素人目では高い。しかし、15年にわたってこの豪華な衣装を作ってきた舞台会社の社長は「こういうのはそう簡単にできるのもではない」という。どれも前社長が中心になってデザインなど何度も打ち合わせを重ね2か月以上かけて1回勝負で製作してきた。

   しかも、この衣装が話題になるからこそNHK紅白に33回も連続出場できたし、その後も小林が歌う公演にこの衣装を飾ることによって元も取ってきたという。

リポーターの質問にはノーコメント

   では、小林の言う「真実と異なる報道」とは何?

   昔コロンビアで小林と一緒だったというリポーターのみといせい子が取材したところによると次のような食い違いが。

   まず解任の理由について小林側の「経営方針の違い」に対し、前社長側は「理由なき解任」。退職金については、小林側は『慰労金として提示したが納得してもらえなかった』と言い、前社長側は「功労金はゼロと言われた」という。

   リポーターによると、小林と前社長は「すごい信頼関係で、前社長はまさに『幸子さん命』だった」という。その前社長は泥沼化した関係について「幸子は結婚して変わった」と嘆いたという。

   コメンテーターの主婦モデル、前田典子が「女性って好きな人ができると、今まで何年間も一緒にやってきたのに、愛は盲目になって彼の言うことを受け入れ、それが一番になっちゃうのですね…」が真実なのかも。

   その小林は報道陣を前に「私は真実をきちんとお話しさせて頂きます」と言いながら、リポーターの「解任なのか、退職なのか?」の問いにノーコメントだった。バカげた内輪もめだが、「真実と異なる報道」とマスコミの瑕疵をダシに使うなら、きちんとその根拠を示すべきだろう。

   小林は、近頃ではさしたるヒット曲もなく、NHK紅白に最多の連続出場を果せたのも、豪華衣装の話題づくりに成功したから。その豪華衣装に自らケチをつけたのだから今年の紅白は当然……

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中