「おおむね安全」で原発再稼働? 大飯原発「おおむね適合」とお墨付き

印刷

   政府は昨日(2012年4月9日)、定期検査で停止中の関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の再稼働に向けた安全対策について、政府の求める安全基準に「おおむね適合している」とお墨付きを与えた。しかし、疑問や不安の声が強い。

   関電は昨日、安全対策の実施計画を枝野幸男経済産業相に提出した。枝野経産相は関係閣僚会議のあと、「原子力安全・保安院の求めている内容に沿っており、われわれが設定した判断基準におおむね適合していると判断した」と述べた。再稼働の妥当性については今週中に改めて会議を開いて判断する。

54%が再稼働反対

   安全性を確認したとはいえ、これまでの対策を焼き直ししたもので、しかも、新しい安全基準がわずか数日で決められたことや、本来基準を決めるはずの原子力規制庁の設置も遅れていることなどから、拙速との声が強く、JNNの調査でも54%が再稼働反対となっている。

再稼働ありき

   司会のみのもんたが「地元代表としてどうですか」と、福井県出身のコメンテーター三屋裕子(スポーツプロデューサー)に聞く。三屋は「こういう問題は感情論ではなく、科学的にきっちり決めてほしかったのに、政治的に判断するという。政治家が専門的知識を持っているのだろうか」と疑問を投げかける。

   杉尾秀哉(TBS解説・専門記者室長)も「関電が示した対策85項目のうち33項目がまだ実施されていない。フィルター付きベントも、福島原発事故対策で拠点になった免震重要棟も出来ていない」とばっさり。

みの「こんなことでいいのですか?」

   みのは、けさ(4月10日)の朝日新聞1面の見出し「おおむね適合」と東京新聞1面の見出し「安全策実現は数年後」を並べて見ながら「こんなことでいいのですか」と問う。

   杉尾「このままだと、5月5日に北海道電力泊原発の3号機が停止して、原発がすべて止まってしまう。しかし、それはしたくない。原発ゼロにしたくないというための再稼働ありき、スケジュールありきだ」

   三屋「ゼロにしたくない意図とは」

   杉尾「そうすると、再稼働の次のタイミングがなくなっちゃう」

   朝日新聞によれば、大飯原発再稼働について大阪府市の専門家会議「エネルギー戦略会議」は、大阪を含めた原発100キロ圏の自治体との安全協定締結を求めている。大阪市は関電の筆頭株主で、橋下徹市長は再稼働に反対している。福井県に隣接する京都府や滋賀県も再稼働に批判的だ。この問題、十分な説明がないまま突っ走ると消費税増税法案同様に野田内閣を揺るがす問題に発展しかねない。

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中