AKB指原、握手会参加者にもの申す!「何で今それを言おうと思ったの?」

印刷

   AKB48の指原莉乃が握手会イベントでの握手について悩んでいたと4月9日(2012年)のブログで語った。

   「何でいまそれを言おうと思ったんだろう?と、聞きたくなるようなことを言われることが多いです。それは指原のキャラかもしれない、ほかのメンバーより劣っている部分が多いから、言いやすいのかもしれない。
   大事な握手券を使ってくださっての一回の握手なので、何を言うかも自由だとわかっているんですが、とはいえ、なんでこんなに言われるんだろう?と、握手のたびにかんがえていました」と明かしている。

   しかし、4月7日と8日の握手会では厳しい言葉を受けたが、嫌になることはなかったという。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中