北朝鮮ミサイル落下「逃げろと言われてどこに逃げるの?」

印刷

   「北朝鮮は相当な自信があるのかな」と司会のみのもんた。北朝鮮の朝鮮宇宙空間技術委員会の当局者はきのう10日(2012年4月)、海外のメディア関係と会見を開き、ミサイルの発射準備が完了したことを明らかにした。発射時期は12日からの5日間のいずれの日か。防衛省・自衛隊はすでに万一の事態に備えて迎撃態勢を整えている。

Jアラートは警報流すだけ

   北朝鮮の人工衛星と称する弾道ミサイル発射に備え、10日に実施された全国瞬時警報システム(Jアラート)の2度目の訓練でも、沖縄の那覇市や宮古島市の一部で防災行政無線スピーカーから音声が流れないなど、再び4件のトラブルが発生した。

どこに逃げるか…

   みのもんた「もしもの時、大丈夫だろうか。どうして、たびたびトラブルが起きるのだろう」

   片山善博(慶応大学教授)「警報システムすべてがトラブルに陥ったわけではない。むしろ、システム全体の精度は上がっている。システムの一部に不具合が発生したのでは」

   北朝鮮の落下物が発生しそうなときは「外に出るな。屋内で待機をして欲しい」という呼びかけも行われる。若狭勝は(元東京地検特捜部副部長・弁護士)「Jアラートは警報を流すだけですからね。逃げろと警報が出されても、どこに逃げるかは難しいですよね」と語る。たしかに防空壕やシェルターがあるわけではないしなあ。ひたすら破片が屋根を突き抜けないことを祈るだけ。

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

お知らせ

注目情報PR
追悼
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中