2018年 7月 20日 (金)

「大飯原発再稼働」電力不足データ明かさぬ関西電力のいかがわしさ

印刷

   政府は先週末、原発再稼働の判断材料となる「安全基準」を急ごしらえした。野田首相の指示からわずか3日間だ。原子力安全委員会はおろか、閣議にも諮らず、首相と関係3大臣だけで決めた。関西電力の大飯原発3、4号機の再稼働に向け、即席ルールを捻り出した格好だ。これに対して、大阪府・市の専門家会議「エネルギー戦略会議」は、大飯原発再稼働について、政府や関電に8つの条件を突き付けた。

「原発必要」の一点張りに大阪府市が8条件提示

   司会のみのもんたは「政府や関西電力は、電気が足りなくなると国内から海外へ移転する企業が増えると脅しとも取れるようなことを言っている」とムッとした表情で8条件を紹介した。その中身は「国民が信頼できる規制機関」の必要性を強調し、独立性が高い「原子力規制庁」の設立を要求。また、安全基準を根本的に見直したうえで、改めてストレステスト(耐性評価)を実施するよう求めている。原発立地自治体と関電が結んでいる安全協定についても、福島第一原発の事故で放射性物質が広範囲に拡散したことを参考に、大阪を含めた100キロ圏内の自治体と協定を結ぶべきだとしている。さらに、事故が起きた時、放射性物質排出を抑えるフィルターが付いたベント(排気)設備や、災害時に拠点となる免震施設の建設も盛り込まれた。

脅し

   この8条件のたたき台を作った元経済産業省官僚の古賀茂明は、「関西電力との会議で分かったことだが、電力が足りているのか足りないのかと聞いても答えず、とにかく原発は必要だの一点張り。最初から原発ありきと決めている」と憤然としている。

枝野経産相「事故起こったら責任とる」ってそれじゃ遅い

   コメンテーターの片山善博(慶応大学教授)「政府も前のめりになっていて、再稼働に向けて焦っている感じがします。官僚にコントロールされている様子が見え隠れしますよね」

   若狭勝(元東京地検特捜部副部長・弁護士)「枝野大臣はまた事故が起きたら政治が責任を取ると言っているが、政治に責任は取れない。安全か安全でないかの判断は政治家にはで来ませんよ。冷静な専門家を入れて判断させ、それから再稼働すべきかどうかを決めることが必要だと思います」

   原発再稼働については仙谷由人・民主党政調会長代行が仕切っていて、野田首相も枝野経産相もいいな

文   ナオジン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中