2018年 7月 22日 (日)

タニタ食堂「カロリー・塩分超控えめ弁当」味もイケルか?

印刷

   「体脂肪計タニタの社員食堂」で続編も合わせて400万部を売り、丸の内に食堂まで作ったタニタが、今度は弁当を作った。キャスターのテリー伊藤が「スッキリ!! TIMES」コーナーで紹介した。「きょう(2012年4月11日)から17日 までの1週間、三越銀座店の地下で、特別販売します」。「丸の内タニタ食堂の特性ランチボックス945円」がそれで、日替わりで「ごはん」「主菜」「副菜大」「副菜小」の4段重ねのデザインは、手提げのついた大ぶりの牛乳パックといった感じだ。かっこいい。

4段重ねでも500カロリー前後、塩分3グラム

   スタジオにメニューのうち2つが並んだ。「ふわふわつくね弁当」はごはん(100g)160キロカロリー、ふわふわつくね238キロカロリー、れんこんのウスターソース煮101カロリー、ごぼうとこんにゃくのいり煮38キロカロリーで、トータルが537キロカロリーだ。

これで3グラム!?

   もうひとつが「さわらの野菜あんかけ弁当」。こちらはごはんは同じで、さわらの野菜あんかけ 199キロカロリー、酢入りきんぴら 55キロカロリー、こんにゃくの甘煮 50キロカロリーで計464キロカロリーである。

   テリーが「食べてみてください」というので、司会の加藤浩次がふわふわつくねをパクリ。大沢あかね(タレント)がさわらに「うん、しっかり味がついてますよ」

   テリー「薄味で、歯ごたえがありますから、ゆっ くり食べてください。塩分は3グラムしかない」

   宮崎哲弥(評論家)「全然3グラムとは思えない」

日替わりメニューできょうから1週間

   日替わりメニューをみると、あすの木曜が「鮭のこしょう揚げ弁当」463キロカロリー、金曜「アスパラの中華風炒め弁当」488キロカロリー、土曜「ささみの唐揚げ弁当」449キロカロリー、日曜「さわらのネギソース弁当」506キロカロリー、月曜「豚肉と玉ねぎの甘辛炒め弁当」549キロカロリー、火曜「鮭のカレー焼き弁当」449キロカロリーと続く。

   テリーが「500キロカロリーがどれくらいのものか」とフリップを見せた。カレーライス約999キロカロリー、スパゲティー(カルボナーラ)810キロカロリー、 「しょうが焼き弁当」760 キロカロリー、ハンバーガーセット676キロカロリー、 あんぱんですら392キロカロリーもある。

   テリーがあらためて「いかにこの(タニタの)弁当がカロリーが少ないか」と推すが、スタジオの面々はメタボがいないからか、ちょっと冷淡。銀座界隈の人たちはもう走っているのかも…。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
J-CAST会社ウォッチ会員向けセミナー
しごとの学校
  • スマホでわかるGDPR入門セミナー ~あなたの会社、準備は大丈夫ですか?~

  • 企業承継と相続対策セミナー 弁護士は見た!「社長が認知症に!? 悲惨な現実と対応策」

  • 「"無期転換ルール" あなたの会社は大丈夫?」 ~これからでもできる!企業のリスク回避術~

  • 追悼
    J-CASTニュースをフォローして
    最新情報をチェック
    電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中