ダルビッシュKO寸前!米国反応「日本に返そうか」

印刷

   メジャー公式戦初登板したダルビッシュとイチローの対決はイチローに軍配が上がった。緊張のあまり2回目までに8安打5失点と乱調になるのもやむを得ない。3回以降は味方の強力援護もあって6回途中の降板まで無失点で乗り切り、デビュー戦を白星で飾った。

   試合後、ダルビッシュは「勝負にいきたくていきたくて、体と精神の状態がアンバランスだった。イチローさんはもともとすごい選手だっていうのもありますし、勝負できる状況ではなかった。誰に対しても…」と不満足なデビュー戦を振り返った。

見る見る変わっていったファンの顔色

   アメリカの反応はどうだったのか。テレビ朝日ニューヨーク支局の名村晃一支局長はこう伝える。「私のところの記者がスタンドで見ていましたが、KO寸前までいきましたので、見ていたファンは相当ヤキモキ。反応も早く、絶望的なダメージを受けると見る見る顔色が変わって、それがヤジになっていました」

   メディアの反応については、「AP通信が『これ以上不安定にならないだろうというぐらい不安定なスタート』という表現で厳しいんですが、『球団は日本に返そうかなと思ったのではないか』という書き方までしていた。契約金の高さから何を言われてもという部分はあるのですが、一方、アメリカはフェアで、勝利に繋がるその後の踏ん張りには評価を惜しまなかった」という。

課題は見えた。被安打の大半は左打者

   サッカー解説者の松木安太郎「相当プレッシャーがあったんだろうと思う。ただ、監督さんがあれだけ点を取られても代えなかった。1シーズンを考えた時、この選手の素晴らしさをちゃんと分かっているのだと思う」

   打ち勝ったイチローは「(降板でダルビッシュが)ダッグアウトに下がって行く時、帽子を取らなかった姿がすごくよかった。この内容では…というプライドが見えた」と評価する。

   次回は中4日置いて日本時間15日(2012年4月)に行われるツインズ戦に登板すると見られているが、課題もはっきりした。左打者への制球難。8安打を打たれたうち7本が相性の悪い左打者だった。

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中