早くも期待させる「草彅ドラマにはずれなし」抑えた演技で医者の苦悩掘り下げ

印刷

   <37歳で医者になった僕~研修医純情物語~(フジテレビ系火曜よる10時)>4月10日(2012年)スタートの新ドラはSMAP草彅剛主演のヒューマンドラマだ。「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」など、草彅ドラマは定評があるだけに、今回も期待は高まる。

大手企業辞めて37歳の研修医

   紺野祐太(草彅剛)は東央医科大学病院・総合内科病棟の新人研修医だ。大手企業に勤めていたが、ある出来事をきっかけに退職して医学部に入学、37歳で研修医になった。物語はその勤務初日から始まる。同期は沢村瑞希(水川あさみ)、下田健太郎(八乙女光)、谷口篤志(桐山漣)の4人。ほかにも、総合内科の佐伯教授(松平健)、中島医局長(鈴木浩介)、腎臓内科の森下准教授(田辺誠一)、指導医の新見(斉藤工)、看護師長(真飛聖)と病院内はクセのある顔ぶればかりである。今回は初回ということからか、まずは登場人物お披露目といった感じで、それぞれの病院内での立ち位置やキャラ紹介をストーリーにからめて見せていた。

葛城すずの笑顔で手話…ドラマに説得力

   外科ではなく内科が舞台なので派手さはないが、そのぶん医療現場の内情、抱える問題、医者の苦悩などを深く掘り下げることができそうだ。祐太の婚約者、葛城すず(ミムラ)の笑顔がいい。事故で腎不全になり、事故のショックから声を失ってしまった彼女が、悩む祐太を手話で励ますシーンの笑顔が印象に残る。彼女のためなら頑張れる、そう思わせる笑顔だ。もちろん草彅剛の抑えた演技がいいのはいうまでもない。

   八乙女光の研修医はあまりにも軽薄で、ほんとに医大に受かったのかという疑問もないわけではない。また、今回、患者からもらった北海道プリンをひとりで幸せそうに食べるマツケン教授の姿があったが、スイーツ好きという設定に意味はあるのかという気になるエッセンスもちりばめられ、次回に興味をつないだ。番組最後に「病院を変えるつもりはない。自分が変わりたいんです」と宣言した祐太の成長を見守りたい。草彅ドラマにハズレなし。

くろうさぎ

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中