2018年 7月 16日 (月)

猫ひろし五輪出場ダメ!国際陸連の「国籍変更選手規定に抵触」

印刷

   「なぜ今ごろこんな話になるのか」と笠井信輔アナが首を傾げる。カンボジア人マラソン選手で芸人の猫ひろしの五輪出場がピンチだというのである。ロンドン五輪のマラソン・カンボジア代表に選ばれて、「賛否両論」が巻き起こったのも記憶に新しいが、いずれにしろ正当な「ルール」にのっとって、カンボジア代表に選ばれたことを疑う向きはなかった。

「変更後1年間の居住実績」が新国籍での出場資格

   ところがここへ来て、別のルールの存在が明るみに。国際陸連の規定で、国籍変更をした選手は「連続した1年間の居住実績」などがないと国際大会に出られないとなっていて、猫はそれをクリアしてないと見られるらしいのだ。あとは特例扱いが認められるかどうか、だという。

何て言うか?

   スポーツ、とりわけオリンピック、陸上競技には一万家言持つ小倉智昭キャスターは、「カンボジア陸連が何て言うのか。国際陸連が受け入れるのか」とコメントしたが、とくに歯切れのいい予言や見解などは聞かれなかった。

文   ボンド柳生 | 似顔絵 池田マコト
今すぐ無料会員に登録して、コメントを書き込もう!

注目情報

PR
追悼
J-CASTニュースをフォローして
最新情報をチェック
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中