「18歳成人」10代の反対多数―なぜ大人になりたくないのか

印刷

   政府は2月(2012年)、成人年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げるべきか否かの検討会を再開した。この問題について国会では活発な議論が繰り広げられていて、1日も早く引き下げるべきだという意見が議員の中では多い。世界の8割の国が18歳以上を大人と認めている。

現状に満足。選挙=政治に関心なし

   少子高齢化が進む日本では、多数派となる高齢者の声は社会に反映されやすくなるが、若者たちの声は反映されにくくなる。成人年齢引き下げは、若い力を積極的に取り込むことによって社会を活性化させようという狙いがある。

   ところが、NHKネットグラブのアンケート調査では、年齢引き下げについて「まっとうな判断ができるのか」「政治を批判する知力が乏しい」「ポピュリズムに流されてしまうのではないか」といった慎重論が多かったという。当事者である10代若者たちも引き下げに「賛成」43%に対して、「反対」57%と反対の方が多かった。国の将来への道筋が見えず不安が高まっているにもかかわらず、現状に満足する甘えの構図が透けて見える。

   高校生に社会への関心を持ってもらうため、積極的に「模擬選挙」の授業に取り組んでいる立命館宇治高校の杉浦真理教諭は、「社会への理解を深める教育にこれまで力を入れてこなかったことに問題がある」と指摘する。

   国谷裕子キャスターが「10代の若者たちが投票権を引き下げることに消極的だということに驚くのですが、なぜだと思われますか」と、若者の実態に詳しい慶応大学の古市憲寿研究員に聞く。

「今の社会は、若者に政治に興味を持たせるような仕組みになっていないのが大きいですね。興味を持たないのは若者が悪いと言われがちなのですが、逆に若者が政治に興味を持たないような社会を作った大人が悪いと僕は思う。政治がつまらないものになっていることが大きいんです」

   たしかに、昨今の永田町を見ると、前向きな政策より党利党略の政局争い、党内もめやらバカげた閣僚の失言が止まらず、大人ですら興味が失せる。ただ、若者側にそれなら政治に参画して変えてやろうという覇気があるかといえば、ノーだというから根が深い。

   古市によると20代の生活満足度(2010年)は、男性65.9%、女性75.2%で、「この社会を不幸なものだと思っていない。けっこう幸せだと満足している」と見る。

成人年齢下げるだけでは難しい「若者の社会参画」

   では、そんな若者たちの成人年齢を引き下げて、若い力をどう社会の活性化に組み込むことは可能か。古市研究員は次のように指摘する。「実は若者の政治に対する関心度は増えつつあるという統計もあるんです。若者だけの問題と考えずに、これから社会を支えていく若者をどう社会に組み込んでいけるか、その方法について大人がメッセージを発信したり、制度に組み入れて欲しい。大人側が若者に責任ある席を与える勇気があるかどうかです。ただ2歳引き下げるだけでは本気が感じられません」

   国谷「早く議論を始めていかないと課題は山積み。今の日本は転換点ですよね」

   古市「逆に、若者が高齢者と手を組むチャンスですよ」

   政府の検討会は始まったばかりだが、単なる演出ではなく本気の議論を進めることができるかどうか。

モンブラン

NHKクローズアップ現代(2012年4月11日放送「18歳は大人か!? ~ゆれる成人年齢引き下げ論議~」)

文   モンブラン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中