行政待ってられない!個人で除染作業―問題は汚染土の捨て場

印刷

   福島原発事故の除染作業が進まない。汚染した土壌の捨て場がないからだ。小林孝司アナは「今年(2012年)1月に『放射能物質汚染対処特別処置法』という法律ができました。これで避難地域の除染は国がやり、その他対象となる8県111市町村に、国はお金は出すが除染や土の保管は地方自治体がやることが決まりました。でも、どこの地区でも問題が噴出していまだに手さぐり状態です」と伝える。

福島の寺住職は「私有地」で引き受け

   福島市郊外の常円寺住職の阿部光裕さんは、各地で出た汚染土を自分の私有地で預かる活動をしている。100本以上の青いドラム缶を開けて計測すると、汚染土は48マイクロシーベルトと高い数字が出た。

   この日は子供たちの通学路の除染に全国からボランティアが駆け付けた。被曝が比較的少ない側溝やガードレール脇などの放射能測定は、年齢の若い人の担当だ。この日一番の65マイクロシーベルトが出た側溝の土削りは62歳の男性である。「年も年だし、被曝しても影響が少ない老人の仕事ですから」

   阿部さんは言う。「行政がやってくれないのなら、自分たちでやるしかないでしょう」。阿部さんの汚染土置き場は行政も目を付けた。福島市放射線総合対策室の草野利明氏が阿部さんに訴えた。「(汚染土置き場)の必要性はわかる。でも自分の近くは困る。皆これなんだよ」

なぜ国有地使わないのか

   スタジオの室井佑月は「ちょっと変ですよ。法律ができても、個人の家の汚れた物を持っていく場所が何も決まっていないし、汚染土を3回も移動(仮置き場→中間処分場→最終処分場)するって意味が解らない」と憮然としている。

   内藤剛志(俳優)「汚染した土の置き場所に、国が持っている土地をなぜ使わないんですか。いっぱいあるはずですよ」

   京都精華大学の山田國廣教授は「国のトップがやればできないことはないと思いますがね」

   ただ、番組は進まない現状とそれへの不満を並べただけで、誰の責任でこうなっているのかという点には触れなかった。朝の番組だからということよりも、やっぱりNHKだからということだろう。

(磯G)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中